ラランテス育成論!!晴れ天邪鬼型考察

ラランテスの育成論の考察を書いていきたいと思います。

※検索してすぐにわかる略称を使います。
※基本的に理想個体のレベル50を想定します。

単純に隠れ特性の「あまのじゃく」を利用したリーフストームを積んでいく型は、ジャローダの劣化になりがちです。結構、強力なんですけどね(笑)
ラランテスとジャローダの種族値の比較。

ラランテス
HP: 70 攻撃: 105 防御: 90 特攻: 80 特防: 90 素早: 45

ジャローダ
HP: 75 攻撃:  75 防御: 95 特攻: 75 特防: 95 素早: 113

素早さは圧倒的にジャローダが勝っています。
ラランテスはジャローダに耐久も負けていますが、素早さに努力値を振るメリットが低いため、耐久に努力値を振りやすいので、最終的には大体同じくらいの耐久になります。

特攻ではラランテスが微妙に勝っています。
ジャローダは素早さに性格補正(おくびょう)をかけることがほとんどなので、特攻に性格補正をかけやすいラランテスのほうが火力は上ですね。

攻撃はラランテスが大きく勝っています。
物理特殊の両刀の可能性も考えていきたいです。

まぁここまでだと物理攻撃でジャローダに勝っているとはいえ、素早さで大きく劣っている分、ジャローダの劣化の域を出ないです。

そこで、ラランテスが覚えてジャローダが覚えない技 ウェザーボールに注目して型を考えていきます。

ウェザーボールは天候によってタイプと威力が変わる技です。
天候が晴れの時は「ほのお」タイプ、雨の時は「みず」タイプ、霰の時は「こおり」タイプ、砂嵐の時は「いわ」タイプになり、威力が2倍の100になります。

このウェザーボールがサブウェポンとして優秀。
高い攻撃種族値によって物理特殊の両刀が可能。
さらに、もう一つの特性にリーフガードがあるおかげで、相手が状態異常攻撃を撃ちづらい。(晴れていてこちらの特性が「あまのじゃく」だとわかるまでの間)
以上がジャローダよりラランテスの優れているところで、素早さが低い分を考慮しても十分差別化が可能であると判断しました。

今回は晴れ状態で戦う「あまのじゃくラランテス」について書いていきたいと思います。
ほかの天候も考慮すると1つの記事には書ききれません(笑)
そのうちほかの天候についても書いてみたいと思っています。

晴れ天邪鬼ラランテス基本型

特性はもちろん「あまのじゃく」確定です。

努力値
HP252 特攻252 あまり何か。
微妙な調整は後で考えます。
両刀での運用の場合はしっかりとダメージ計算して攻撃にも努力値を振りたいです。

性格
「ひかえめ」
両刀の場合は「れいせい」とか。

確定技
リーフストーム 高威力かつ特性により特攻2段階上昇。優秀すぎるメインウエポン
ウェザーボール 晴れ時は威力100で炎タイプ 草技との相性補完がいい感じ。

その他候補技
物理攻撃
ソーラーブレード 高威力!! 特殊受けを倒せるかもだが技スペース的にも優先度はかなり低め。
どくづき フェアリー対策になるかな?
きゅうけつ HP回復!!
かわらわり 壁壊せるのは優秀。

特殊攻撃
めざめるパワー 氷とかがいいかな?
ギガドレイン HP回復!!
しぜんのちから 最近、流行している〇〇フィールドの時に優秀なサブウェポンに化けます。

変化技
こうごうせい 晴れ時なのでHP回復量さらにUP!!

こんなところでしょうかね。

あっ、持ち物を考えてない(笑)
とりあえず、「とつげきチョッキ」とか「たべのこし」あたりで(笑)

ユキメノコ育成論!晴れメノコ
カバリザ構築(サンムーン)
バトルツリー、ガルガブゲンで50連勝!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれないコメントは無視されますのでご注意ください。(スパム対策)